白衣之泪

  • 年代
  • 水野美紀 永井大 MEGUMI 長谷川朝晴 辰巳琢郎 山本陽子 平山あや 和田聰宏
  • 共65集  |  每集 28分钟
  • “いのち”から目を逸らさないでいよう。辛くても悲し…“いのち”から目を逸らさないでいよう。辛くても悲しくても、そこから明日は生まれる。君が笑えば、きっと幸せがひろがる。いのち=生き方どこよりも“いのち”が身近な“病院”を舞台に、医師・看護師・患者・家族…様々な人々の心を描き、人が生きることの尊さを問いかけていく。時代を超え、繋がっていく“いのちの物語”。それぞれの主演が描く、3部作のヒューマンストーリードラマ!!物語は海辺の静かな町にある総合病院が舞台である。この総合病院は、“24時間365日診療”を大きな看板に掲げており、地域のお年寄りから、小児科、産科、深夜の救急患者まで幅広い人々が集まってくる。大学病院などの高度医療ではなく、まさに地域に根差した地域医療を主とする病院なのだ。それぞれが持つ理想と、そこに立ちはだかる現実。誰にでも平等に与えられている生と死を描きながら、この病院の医師たちは“いのち”と真摯に向き合い、“今を生きる強さ”を学んでいく。そしてこの病院を取り巻く周囲の人々にも、それぞれ抱える大きな問題がある。どう乗り越え、どう向き合っていくのか。病院に集う人々の生きざまを通して、私たちが忘れてしまった“いのち”の在り方をもう一度、世に問いかけたい。第一部『余命』は、1980年代の湘南の総合病院を舞台。30代中盤の女医・百田滴(水野美紀)を主人公に、地域医療に従事する医者としての成長と葛藤、そして、妊娠・出産・乳ガンと自らの身に降りかかる様々な出来事に、一人の働く女性としてどう向き合っていくのかを描く。大学病院に戻れば最先端の医療を学ぶことができる。だが、大学病院で診てもらえない死を前にした患者のために働く医者であり続けたい…悩む主人公は、いつしか自らも患者という立場になり、改めて一人の医師として、女性として、はっきりと“いのち”と向き合っていくことになる。

同类型

白衣之泪评论

  • 评论加载中...